くすんだ緑のチノパン・綿パンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

チノパンとも綿パンともいい、ニュアンスとしては前者の方がカジュアル、後者の方がキレイめなニュアンスで使われます。若い男性が履く、手触りが硬い感触の素材のパンツで、デニム(ジーンズ・Gパン)でもカーゴパンツでもウール(毛)でもないパンツはほとんどこれだと思ってください。このパンツのコーディネートは、スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーといったカジュアルな着こなしにも合いますし、シャツと合わせておしゃれに着こなすことも出来ます。くすんだ緑・ダークグリーンはくすんでいる分、他のくすんだ色と合わせるのが相性がいい色の組み合わせ方です。

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
コーエン くすんだ緑 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
緑と茶色はアースカラーと呼ばれる自然を思わせる色合わせで、相性がいい色合いです。

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
イッカ くすんだ緑 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
Tシャツにハーフパンツやクロップドパンツ、シューズはスリッポンorローファーという春夏のシンプルスタイルに物足りないなと感じたときなど、ジレをTシャツの上に合わせるだけで、ラフな印象を引き締めてお洒落な印象が増します。
色については、くすんだ緑も茶色も「明度(明るさ)が低い」=「暗い」色同士です。このように明るさや、他に彩度(色の鮮やかさ)が同じ色同士はなじみます。暗い色ばかりにならないように、インナーを白くして抜け感を出します。また、インナーから外に向けて暗くなって行く方が収まりがいい色の合わせ方です。

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース くすんだ緑 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
ボア付きのアウタージャケットとデニムシャツはどちらもアメカジテイストの、相性のいい服の組み合わせです。靴はアメカジテイストを引き継ぎワークブーツで合わせます。
インナーは明るくして、外にかけて暗くしていくのが基本です。アウターとパンツの色のくすみ具合に統一感があり、男らしい色の合わせ方です。ネイビーと茶色はオシャレな色の合わせ方です。

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エドウィン(メンズ) くすんだ緑 チノパン・綿パン
コーディネートのポイント
モッズコートにVネックTシャツとエンジニアブーツを合わせることで、モッズコートが持つ「男らしい系アイテム」という属性と「モード系アイテム」という属性のうちの男らしい方にふれたコーディネートになります。 帽子をかぶることに抵抗がない、オシャレな人は黒のハットをかぶるのもアリです。
色ですが、くすんだ緑はブラックやホワイトなどハッキリした色と合わせるとカラーコーディネートのバランスが良くなります。

くすんだ緑のチノパン・綿パン(無地, フルレングス, テーパード)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る