黒・ブラックのコーデュロイパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

コーデュロイパンツは、コーデュロイ素材のスジによりうねうねした凹凸(おうとつ・でこぼこ)があるパンツです。Gジャン(デニムブルゾン)やマウンテンパーカー等と相性もいいですし、柄のジャケットと合わせることもできる万能なパンツです。フラットなカジュアルスタイルから上品な着こなしまで幅広くコーディネートできてしまうおしゃれアイテムを、メンズのみなさんも是非挑戦して着こなしてみてください。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

黒・ブラックのコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
SEVENDAYS=SUNDAY 黒・ブラック コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、紫は黒と相性がいい色ですので、このように色を合わせます。靴はアウターの色の濃さを意識して、同じく濃いめの茶色で合わせます。

黒・ブラックのコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのコーデュロイパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
アズールバイマウジー 黒・ブラック コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
コーデュロイのハーフパンツも最近流行のアイテム。本来は秋冬の質感ですが、ハーフ丈になるともちろん夏のアイテムに。そして多少上品目なアイテムです。トップスはシャツで合わせてもTシャツで合わせてもOKですが、今回はシャツで合わせました。靴はスニーカーでもレザーシューズでもローファーでもOK。スニーカーならカジュアルに、スリッポン、レザーシューズ、ローファーならキレイ目な雰囲気になります。
色については、インナーから外に向けて暗くしていくと収まりがよくなります。

黒・ブラックのコーデュロイパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る