赤のコーデュロイパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

コーデュロイパンツは、コーデュロイ素材のスジによりうねうねした凹凸(おうとつ・でこぼこ)があるパンツです。Gジャン(デニムブルゾン)やマウンテンパーカー等と相性もいいですし、柄のジャケットと合わせることもできる万能なパンツです。フラットなカジュアルスタイルから上品な着こなしまで幅広くコーディネートできてしまうおしゃれアイテムを、メンズのみなさんも是非挑戦して着こなしてみてください。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のコーデュロイパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
SEAGREEN 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
コーデュロイのハーフパンツも最近流行のアイテム。本来は秋冬の質感ですが、ハーフ丈になるともちろん夏のアイテムに。そして多少上品目なアイテムです。トップスはシャツで合わせてもTシャツで合わせてもOKですが、今回はシャツで合わせました。靴はスニーカーでもレザーシューズでもローファーでもOK。スニーカーならカジュアルに、スリッポン、レザーシューズ、ローファーならキレイ目な雰囲気になります。
寒色の水色に対して暖色の赤を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。ただし、はっきりした色を上下で使っているので、「オシャレに見られたい、他の人と違うと思われたい」欲求が強い人でないとなかなか着こなせません。(逆に、そういう方には似合ういます)

赤のコーデュロイパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

赤のコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
コーデュロイパンツはコーディネートがもこっとした素材感のため、どちらかというと、同じ様なごわっとした素材感のものよりは、固い素材感であるトップスと合わせるのが肝です。その中で、デニムブルゾン(Gジャン)は、コーデュロイパンツと同じく秋にも着るアイテムですから、2つの意味でマッチします。インナーのシャツや短靴と合わせて、デニムブルゾンを着つつもキレイ目な印象を与えるスタイルです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

赤のコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る