赤のコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

コーデュロイパンツは、コーデュロイ素材のスジによりうねうねした凹凸(おうとつ・でこぼこ)があるパンツです。Gジャン(デニムブルゾン)やマウンテンパーカー等と相性もいいですし、柄のジャケットと合わせることもできる万能なパンツです。フラットなカジュアルスタイルから上品な着こなしまで幅広くコーディネートできてしまうおしゃれアイテムを、メンズのみなさんも是非挑戦して着こなしてみてください。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

Gジャンコーデュロイパンツのキレイ目スタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
コーデュロイパンツはコーディネートがもこっとした素材感のため、どちらかというと、同じ様なごわっとした素材感のものよりは、固い素材感であるトップスと合わせるのが肝です。その中で、デニムブルゾン(Gジャン)は、コーデュロイパンツと同じく秋にも着るアイテムですから、2つの意味でマッチします。インナーのシャツや短靴と合わせて、デニムブルゾンを着つつもキレイ目な印象を与えるスタイルです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の柄ジャケットのオシャレスタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
柄のジャケットはその存在自体がオシャレなアイテムです。このアイテムを秋冬にキレイ目に合わせます。柄と柄を合わせるのはNGなので、インナーは無地のシャツを合わせます。今回はパンツにウールパンツ、コーデュロイパンツといった、少しもこもこした素材感のパンツを合わせることで寒い時期の季節感とマッチします。靴はジャケット+シャツのキレイ目に合わせて短靴やチャッカブーツで合わせるのがベストです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ニットベストの上品スタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
ニットベストはベストなので、インナーにはキレイ目アイテム繋がりのシャツを合わせます。今回はこの「キレイ目」属性のアイテムで統一し、パンツも綿パンやコーデュロイパンツ、靴は光沢のあるレザーの短靴やチャッカブーツでまとめます。ベストと近い色のネクタイを合わせるのもアリです。いずれにせよ、「上品な、育ちが良い人」っぽさが出ます。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ショールカラーセーターとコーデュロイパンツ

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
最近流行のショールカラーセーターのコーディネートです。ニットの暖かみ・優しさと、ショールカラーの品の良さを兼ね備えたショールカラーセーターに対して、季節感を合わせてパンツにはコーデュロイパンツを持ってきました。靴はトップス、パンツの品の良さと合わせて短靴やチャッカブーツで品良くまとめました。
色についてはホワイト、レッド、ブルー(ネイビー)の3色がバランスのとれたカラーコーディネートを作っています。パンツが赤という明るい色なのでオシャレ好き、ファッション好きな印象が強まります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾンを大人っぽくキレイ目に着るスタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
ブルゾンの中にシャツを着る、ブルゾンを使いつつもキレイ目に見せるコーディネートです。そもそもテイストとしてキレイ目が好きだけど、ブルゾンを使いたい、そんな時の合わせ方です。パンツをコーデュロイパンツや綿パンにすることで、大人っぽく見せる効果があります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋に大人っぽく見せたい人用のスタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
大人っぽく見られる秋らしいスタイルのご提案です。 ダウンベスト+シャツに、素材感が秋冬らしさを感じさせるコーデュロイパンツやウールのパンツ。足下はカジュアルにブーツと合わせるか、きれい目に短靴と合わせます。コーデュロイやウールは大人っぽく見える効果があります。また、コーデュロイのでこぼこのうねが細い程、より大人っぽく見える効果があります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ニットジャケットのシャツカジュアルスタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
ニットジャケットはニットの優しい雰囲気とジャケットのフォーマルさ、キレイ目具合を合わせ持つアイテムです。今回は全体的に品を良くするために、インナーは無地のシャツを合わせた上で、パンツはカーゴスラックスかコーデュロイパンツ、靴はニットジャケットのキレイ目具合とリンクさせてスウェードのチャッカブーツか短靴と合わせると全体的に上品で優しい雰囲気のスタイルに仕上がります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストとデニムシャツのコラボレーション

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
ダウンベストは簡単にオシャレにしてくれるアイテム。デニムシャツと合わせるのも1つのテクニックです。季節感とマッチしつつ、トップスとは違う素材感であるウールパンツやコーデュロイパンツとは相性抜群。足下はカジュアルにスニーカーやブーツで合わせます。
寒色の水色に対して暖色の赤を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。ただし、はっきりした色を上下で使っているので、「オシャレに見られたい、他の人と違うと思われたい」欲求が強い人でないとなかなか着こなせません。(逆に、そういう方には似合ういます)

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

大人っぽさと男らしさを合わせ持つ秋スタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
ダウンベストは暖かいだけでなく、簡単にオシャレにしてくれるアイテム。秋口にデニムシャツと合わせるのも1つのテクニックです。季節感とマッチしつつトップスとは違う素材感であるウールパンツやコーデュロイパンツとは相性抜群。また、ウールやコーデュロイは大人っぽい印象を与える効果があります。短靴やチャッカブーツと合わせて足下をキレイ目にするのも品がいいコーディネートで好印象です。
寒色の水色に対して暖色の赤を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。ただし、はっきりした色を上下で使っているので、「オシャレに見られたい、他の人と違うと思われたい」欲求が強い人でないとなかなか着こなせません。(逆に、そういう方には似合ういます)

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋のスウェットのレイヤードスタイル

Small
ボイコット 赤 コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
寒色の水色に対して暖色の赤を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。ただし、はっきりした色を上下で使っているので、「オシャレに見られたい、他の人と違うと思われたい」欲求が強い人でないとなかなか着こなせません。(逆に、そういう方には似合ういます)

秋のメンズコーディネートをもっと見る