ワインレッドのコーデュロイパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

コーデュロイパンツは、コーデュロイ素材のスジによりうねうねした凹凸(おうとつ・でこぼこ)があるパンツです。Gジャン(デニムブルゾン)やマウンテンパーカー等と相性もいいですし、柄のジャケットと合わせることもできる万能なパンツです。フラットなカジュアルスタイルから上品な着こなしまで幅広くコーディネートできてしまうおしゃれアイテムを、メンズのみなさんも是非挑戦して着こなしてみてください。ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

ワインレッドのコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
NICOLE CLUB FOR MEN ワインレッド コーデュロイパンツ
コーディネートのポイント
スウェット(トレーナー)は、1枚で着こなすのは至難の業です。ご存知の通り、スウェットをアウターとして1番外側に着る場合、それだけでトップスの要素になってしまいます。ですので、顔が濃いめの人でないと、全体的に簡素すぎる外見になるため、顔が濃い方以外が着られる場合は、なかにシャツを合わせることで、トップスに奥行き感を出し、顔が濃くない人でもスタイルとして、合いやすくなります。そしてこのテクニックをする時点で、「ファッション好き」「服にこだわりがある人」っぽく見られるスタイルです。
色については、エンジ(ワインレッド)と茶色はどちらも赤系統の色で相性がいい色の組み合わせです。

ワインレッドのコーデュロイパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る