黒・ブラックのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

ダウンベスト夏コーデ

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色については、ワインレッドと黒は大人の雰囲気を漂わせるオシャレで格好いいカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさ抜群のワイルドスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色については、ブルーグリーンとワインレッドは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。カラーシャツに明るい靴を、アウターとパンツのブラックで締めたカラーコーディネートです。「オシャレさん」に見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の優しさと男らしさミックススタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色については、ブルーグリーンとワインレッドは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。カラーシャツに明るい靴を、アウターとパンツのブラックで締めたカラーコーディネートです。「オシャレさん」に見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダウンベストとショールカラーカーディガンは似合う服のコーディネートです。また、ショールカラーカーディガンのニット特有の優しさを演出する事も出来ます。パンツはデニムやチノで合わせてもOKですし、コーデュロイパンツで合わせると季節感が出ます。
緑と赤はオシャレな色の組み合わせなので、この両方を少し暗くした色同士であるくすんだ緑とエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせといえます。全体的に、目立つ色は暗めのトーンで合わせています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダウンベストとカーディガンやセーターは似合う服の組み合わせです。ダウンベストの表面とカーディガンやセーターの表面は素材感が違うため、メリハリがあり合わせやすい組み合わせです。ダウンベストはそのカジュアルなテイストから、靴はスニーカーと合わせるのが相性抜群です。
緑と赤はオシャレな色の組み合わせなので、この両方を少し暗くした色同士であるくすんだ緑とエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせといえます。全体的に、目立つ色は暗めのトーンで合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
全体的に、暗めのトーンで合わせた統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ミリタリーの無骨さと可愛さを兼ね備えたコーデ

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
えりがたっていない(かさばらない)ブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。MA-1フライトジャケットは襟が短い上にやわらかくブルゾンなので、インナーにパーカーを差し込む事が出来ます。また、ミリタリーという無骨系アイテムであるMA-1の無骨さを、可愛い系のアイテムであるパーカー中和することでバランスのいいコーディネートになります。
色については、インナーの赤を目立たせるために他の色を暗めにおとしています。1点だけ目立たせる場所を作るとオシャレになるというカラーコーディネートのルールを守っています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のドンキーコートのニット合わせスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ドンキーコートは「可愛い」(少年っぽい)く見える効果があるアイテムのため、同じく可愛い属性のアイテムであるスニーカーと相性がいいアウターです。カジュアルに、ジーンズやチノパン、カットソーと合わせます。中にセーターやカーディガンを着ることで、暖かさを調整しつつ、コーディネートの色あいを豊かにできます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はカーキ)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットとデニムの冬カジュアル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
カウチンニットにシャツを合わせるコーディネート。パンツにデニムを持ってくると、アウターとパンツのカジュアルさが際立つので、カジュアルな靴は色々と合わせやすくなります。スニーカーやブーツでもいいのですが、せっかくなので、この機会に普段使いづらいムートンブーツで合わせるのもアリです。
色については、ベージュはモノトーン色(白、黒、グレー)と合わせるのが1番オシャレになる色あわせですから、これらをうまく組み合わせています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の男らしいミリタリースタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
デッキジャケットは男らしい、無骨系アイテムであるミリタリーアイテムですので、UネックやVネックのTシャツ、デニム、ブーツと男らしいアイテムで合わせました。また、とりわけデッキジャケットと黒、グレーのTシャツは似合う服の組み合わせです。パンツはチノパンで合わせるのもOKです。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る