水色のデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。水色はオレンジと相性がいい色です。白と合わせて爽やかにしつつ、オレンジと合わせると華やかにになります。あとは、同じ青系統の色と合わせるのもありですし、薄い青、ととらえると対照的に薄い赤であるピンクとも相性がいい色です。

男らしさ抜群のワイルドスタイル

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色について、オレンジと水色は相性抜群のカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の優しさと男らしさミックススタイル

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ニットのアウターであるショールカラーカーディガンという鉄板のモテアイテムが持つ優しい雰囲気に、インナーパンツ靴を男らしく合わせることで、「優しさ」と「男らしさ」がミックスした極めて(大半の)女性ウケがいいコーディネートになります。
色について、オレンジと水色は相性抜群のカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト夏コーデ

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
色について、オレンジと水色は相性抜群のカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンチノパンパーカー差し込み

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
色については、グレーと水色はどちらも薄い色(それぞれ、黒に対して薄い、青に対して薄い)同士のため、相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

気取ってなく見せたい、ちょっとそこまで用

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
スタジャン、ジーンズorチノパン、スニーカーとオールカジュアルアイテムでのコーディネートです。きれい目コーディネートが好きではなく、なるべくゆるっと、気を使っていない風に見せたい人にオススメです。
色については、グレーと水色はどちらも薄い色(それぞれ、黒に対して薄い、青に対して薄い)同士のため、相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

暗い単色のスタジャンの無骨スタイル

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暗目のスタジャンは、2色以上のカラフルな普通のスタジャンと違い、いわゆるスタジアムジャンパーというよりは、男らしいアイテムとなります。したがって、同じように無骨なアイテムと合わせます。とりわけ暗い色のスタジャンは男臭い人(ヒゲ、タバコ、オラオラ系等。ファッション誌「ROOD」のテイスト)に似合います。
色については、グレーと水色はどちらも薄い色(それぞれ、黒に対して薄い、青に対して薄い)同士のため、相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

カウチンニットとデニムの冬カジュアル

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
カウチンニットにシャツを合わせるコーディネート。パンツにデニムを持ってくると、アウターとパンツのカジュアルさが際立つので、カジュアルな靴は色々と合わせやすくなります。スニーカーやブーツでもいいのですが、せっかくなので、この機会に普段使いづらいムートンブーツで合わせるのもアリです。
色については、グレーと水色はどちらも薄い色(それぞれ、黒に対して薄い、青に対して薄い)同士のため、相性がいい色の組み合わせです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ボウリングシャツの王道コーデ

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ボウリングシャツと色落ちしていないデニム、そしてワークブーツは鉄板の似合う服の組み合わせです。 また、ハットとも似合うため、このコーディネートに、黒か、アウターであるボウリングシャツのメインカラーと同じ色で、もっと濃い色のハットをかぶれば、よりオシャレになります。パンツにウォレットチェーンをつけるのもアリです。
色については、グレーと水色はどちらも薄い色(それぞれ、黒に対して薄い、青に対して薄い)同士のため、相性がいい色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
アーガイルやストライプなどの柄ものカーディガンを着こなしたい場合、インナーは無地が鉄則です!ボトムスはデニム、もしくはチノなどをノーマルに合わせカーディガンを引き立てます。夏なのでハーフパンツやクロップドで抜け感を!フルレングスの場合はロールアップしましょう。
色については、グレーと水色はどちらも薄い色(それぞれ、黒に対して薄い、青に対して薄い)同士のため、相性がいい色の組み合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ナイロンブルゾンの着こなし

Small
ジャーナルスタンダード 水色 デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ナイロンブルゾンは、そのナイロンという素材から、スポーティーでカジュアルなアイテムなので、靴はスニーカーで合わせます。また、カジュアルテイストで統一するため、インナーはTシャツ、パンツはデニムで合わせました。どちらかといえば男らしいテイストの人に合うコーディネートです。
色については、水色とピンクは相性がいい色の組み合わせです。MARC JACOBS風の色使いです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る