赤のジョガーパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

リブ(伸縮するしわしわ)やゴムで裾(すそ)を絞ったパンツのことです。2015年から流行しはじめたアイテムです。素材はジャージ、スウェット、デニム、ナイロンなど様々な素材があります。テーパード型(裾に向かって細くなっていく形)のため、足元をスッキリ見せる効果があります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のジョガーパンツ(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
ジョガーパンツをきれい目カジュアルに着こなす場合のコーディネートです。ジョガーパンツはとりわけスニーカーと合うパンツですので、シューズはスニーカーと合わせます。アウターはジャケット、インナーはTシャツで、合わせると、とてもこなれた雰囲気のコーディネートになります。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

赤のジョガーパンツ(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る