赤のジョガーパンツ(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

リブ(伸縮するしわしわ)やゴムで裾(すそ)を絞ったパンツのことです。2015年から流行しはじめたアイテムです。素材はジャージ、スウェット、デニム、ナイロンなど様々な素材があります。テーパード型(裾に向かって細くなっていく形)のため、足元をスッキリ見せる効果があります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

ジョガーパンツのジャケットコーデ

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
ジョガーパンツをきれい目カジュアルに着こなす場合のコーディネートです。ジョガーパンツはとりわけスニーカーと合うパンツですので、シューズはスニーカーと合わせます。アウターはジャケット、インナーはTシャツで、合わせると、とてもこなれた雰囲気のコーディネートになります。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのコート合わせ

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
チェスターコートにジョガーパンツを合わせると、これもきれい目なアウターに対して多少リラックス感のあるパンツとの合わせが、コーディネートをあえて崩す効果があり、オシャレでこなれた雰囲気になります。インナーはジョガーパンツのカジュアルな雰囲気をTシャツに持ってきて、ヘンリーネックで少し男っぽい要素も入れつつ、チェスターコートのきれい目要素を拾ってシューズは短靴で合わせました。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのシャツ合わせ

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
ジョガーパンツは鉄板のスニーカーを合わせつつ、トップスにシャツを着る場合はこの3つだけでもいいのですが、寒い時期ならさらに上にスウェットを合わせてもオシャレです。全体的にカジュアルな、リラックス感のあるこなれたコーディネートになります。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツのダウンベスト合わせ

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
ジョガーパンツにスニーカー以外を合わせたい場合、まだスリッポンもGood。Tシャツとダウンベストと合わせて、暑すぎず寒すぎない季節のオシャレなコーディネートとして着こなしましょう。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツにニットスタイル

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
ショールカラーカーディガン+ネルシャツで素材としても見た目としても暖かい、優しい雰囲気の上半身に、ジョガーパンツ+スニーカーでスポーティかつリラックス感のある下半身を合わせたスタイル。コーディネートのセンスがいいと思われるオシャレなコーディネートです。
寒色の水色に対して暖色の赤を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。ただし、はっきりした色を上下で使っているので、「オシャレに見られたい、他の人と違うと思われたい」欲求が強い人でないとなかなか着こなせません。(逆に、そういう方には似合ういます)

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツにカーディガン

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
カーディガンにジョガーパンツを合わせるスタイル。カーディガンのVゾーンに対してインナーは丸首(クルーネック)TシャツかUネックTシャツ、靴は鉄板のスニーカーで合わせます。全体的に優しく見えるコーディネートです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジョガーパンツで崩したジャケットスタイル

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
ジャケット+ニット+シャツのキレイ目のトップスに、ジョガーパンツでスポーツMIXしたコーディネート。シューズもスニーカーで合わせます。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストのタートルネック合わせ

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
タートルネックセーター1枚だと寒いという時は、上にダウンベストを羽織るのは洒落てるコーディネートです。パンツはスウェットパンツやジョガーパンツで合わせ、ローカットスニーカーと合わせると雑誌「safari」風のお洒落なコーディネートになります。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

サマースウェットとジョガーパンツのコーデ

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
サマースウェットとジョガーパンツを合わせたコーディネート。シューズはスニーカーでシンプルに合わせます。全体的に、肌に対して余裕があるため、ゆったり目の余裕がある雰囲気のシルエットのコーディネートとなります。
赤のパンツが目立つように、トップスは白、足元はベージュで主張しない色で抑えたコーディネートです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

サマースウェットとジョガーパンツのコーデ2

Small
アメリカンラグシー 赤 ジョガーパンツ
コーディネートのポイント
サマースウェットとジョガーパンツを合わせたコーディネート。シューズはスリッポンでシンプルに合わせます。全体的に肌に対して余裕があるため、ゆったり目の余裕がある雰囲気のシルエットのコーディネートとなります。
色は、赤と黒の2色使いはとてもオシャレな色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る