こげ茶のマウンテンブーツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

マウンテンブーツは、山登り用のごついブーツです。見た目はワークブーツにも似ていますが、よりごつい印象があるアイテムです。ワークブーツがひもを通す穴があいていて、穴にひもを通してしばっていくことが多いのに対し、マウンテンブーツは穴ではなく金属の輪がついていて、そこにひもを通したり、あるいはその金属部分にひもをひっかけてしばっていく場合がよく見受けられます。私服で履く場合、ごつい、男らしい印象を与えます。トレッキングシューズとしてもメンズに人気のおすすめのブーツです。茶色よりも濃い・黒めな色が焦げ茶色です。茶色と同じくネイビー・紺色ととりわけ相性がいい色ですが、濃い分、ネイビーも濃いネイビーと合います。

無骨系シャツでつくる春夏のワイルドコーデ

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
シャツは基本的にきれいめなアイテムなのですが、ウエスタンシャツ&シワ加工のシャツは無骨で男らしいアイテムに該当します。そのため足元はワークブーツ、エンジニアブーツ、マウンテンブーツ等が無骨っぽくて相性抜群です。ボトムスはカーゴパンツやダメージの入ったデニムが同じく男らしいアイテムで合わせやすいですが、あえてチノパンを合わせてもいいでしょう!
色については、エンジ(ワインレッド)のパンツが引き立ちます。靴はパンツの色と同じ赤系統の茶色で合わせです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさ抜群のワイルドスタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
革素材のアイテムは男臭い・無骨系の雰囲気を出すアイテムです。ですから、同じように男臭い・無骨系のアイテムである胸元が開いたTシャツやタンクトップに、ジーンズ、そして靴はブーツで合わせるのが鉄板の男臭いコーディネートです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の雨の日に、かったるそうに一服なスタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、クロップドパンツ等の、ハンパ丈のアイテムと合わせると長さのバランスがとれます。また、モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムベストのオシャレなスタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
デニムベストを着用するため、パンツにはデニムは持って来れません。(上下同じ素材は格好悪いので絶対に避けるべきです。)また、デニムベストはデニム(無骨系)とベスト(品がいい)の属性が融合されていますが、今回はこのデニムの無骨系のほうをとり、パンツはカーゴパンツやチノパン、靴はワークブーツやマウンテンブーツ、エンジニアブーツで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

デニムベストのオシャレなスタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
デニムベストを着用するため、パンツにはデニムは持って来れません。(上下同じ素材はNGです。)また、デニムベストはデニム(無骨系)とベスト(品がいい)の属性が融合されていますが、今回はこのデニムの無骨系の方をとり、パンツはカーゴ(あるいは属性として無属性のチノ)、靴は男らしいブーツで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

モッズコートのVラインスタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
モッズコート(M51ともいいます)のように丈が長いトップスは、スキニーパンツやテーパードパンツ等の細身のパンツと合わせると、Vラインのスタイルを作りバランスがとれます。また、スキニーのパンツと合わせると、雰囲気としてモードなテイストになります。モッズコートは男臭いアイテムでもあるので、ブーツと合わせるのが鉄板のコーディネートです。キーワードとしては、ヒゲ、黒のハット、タバコ、等が似合います。気だるい、かったるそうな雰囲気を醸し出します。
色については、アースカラーと呼ばれる自然の色(木々の緑や土の茶色等)で合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストワイルドコーデ

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
ダウンベストとブルゾンは似合う服の組み合わせです。もともと男らしい・無骨系コーディネートであるデニムブルゾン+胸元が空いたカットソー(あるいはタンクトップ)+ブーツの組み合わせの上に、ダウンベストを重ねるパターンです。ダウンベストを着用している中では、かなりワイルドな(男らしい)コーディネートになります。デニムブルゾンとダウンベストの素材感に対して、柔らかい素材感のウールパンツを合わせるのも、季節感、素材感両面でマッチしますが、カーゴパンツあるいはチノパンでも問題ありません。
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

男らしさと可愛さを兼ね備えたスタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
パーカーのようにフードがついていると、それだけで「可愛い」要素が付け加わります。したがってこのようにコーディネートにパーカーを取り入れるのは、可愛く見られたい人には効果的です。このコーディネートのように、無骨系のブルゾンと可愛い系のアイテムであるパーカーを合わせることで、どちらの要素もあわせ持つバランスのいいコーディネートとなります。
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

M65のキレイ目スタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
M65はミリタリーアウターの中でもゴツ目で、その分男らしいアイテムです。服の上下に2個ずつポケットがあるものが一般的です。この無骨さに対して、他をキレイ目な服で合わせることで、男臭さを消したキレイ目+無骨なスタイルが出来上がります。インナーにニットを入れることで優しい雰囲気を出すこともできます(この場合、無骨度と優しい雰囲気の度合いは7:3ぐらいです。)
色については、インナー〜パンツにかけて薄い色が続きますが、アウターと靴の両端で濃い、暗めの色で締めるカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースダブルの甘辛スタイル

Small
グラベラ こげ茶 マウンテンブーツ
コーディネートのポイント
男らしさと可愛さを両方備えたコーディネートです。ダブルのライダースジャケットにはパーカーが似合うというルールがあります。ライダースジャケットは男臭いアイテムですが、パーカーはコーディネートに可愛いという属性がつくアイテムで、この2つがあることにより、男らしさと可愛さを併せ持つ演出が出来ます。さらに前開きパーカーの中にタンクトップ(=胸元が空いている)を入れる事で、アウターを脱いだ場合でも、パーカーの前のチャックをあけても男らしさを演出できます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板のカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る