緑・グリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ニットにかかわらず、前ボタンで開くカーディガン。ここ最近は、半袖や七分袖のカーディガンも出てきました。カーディガンなどのニット系アイテムは、優しい、上品な雰囲気をつくるアイテムですので、一般的にはおとなしめの印象のメンズや、草食系なイメージの人に似合うとされています。反対にアメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた上品なコーディネートにしてしまうと、イメージと違って似合わなくなるケースに陥ってしまうので注意しましょう。 緑は明るすぎず、鮮やかすぎない色でありながら、男性が着る色としてはそこまで一般的ではないため、手ごろに手を出しておしゃれな雰囲気になる色です。

緑・グリーンのカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン 緑・グリーン カーディガン
コーディネートのポイント
Tシャツ1枚だと少し肌寒い日の、上にカーディガンを羽織るスタイルです。今回は無地のカーディガンなので、インナーには柄のTシャツを合わせます。パンツはチノパン・綿パンで合わせ、靴はスリッポンと合わせます。薄着とスリッポンは相性がいいコーディネートで、普通のスニーカーで合わせるよりもオシャレ度合いが高まります。カーディガンの前は閉じずに開きましょう。全体的に、「優しい&ファッション好き」な印象を与えます。首元が寒い場合はストールを巻くと、よりカーディガンオシャレ男子の雰囲気が高まります。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。緑色を引き立たせる効果があります。

緑・グリーンのカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

緑・グリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
J.プレス メンズ 緑・グリーン カーディガン
コーディネートのポイント
カーディガンは閉じると胸の前にVの字を作るので、カーディガンの中に着るTシャツ(カットソー)はUネックにするのが1番似合います。 セーターと同じように、レザーブルゾンの無骨さをやわらげる効果があります。今回のスタイルではパンツと靴はオーソドックスにデニム、チノとスニーカーやブーツで合わせます。男らしくしたい方はブーツ、そうでない方はスニーカーと合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。緑を引き立たせる効果があります。

緑・グリーンのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る