明るい青のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ニットにかかわらず、前ボタンで開くカーディガン。ここ最近は、半袖や七分袖のカーディガンも出てきました。カーディガンなどのニット系アイテムは、優しい、上品な雰囲気をつくるアイテムですので、一般的にはおとなしめの印象のメンズや、草食系なイメージの人に似合うとされています。反対にアメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた上品なコーディネートにしてしまうと、イメージと違って似合わなくなるケースに陥ってしまうので注意しましょう。 明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

明るい青のカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 明るい青 カーディガン
コーディネートのポイント
無地カーディガンを可愛くカジュアルに着こなしたい場合、インナーに柄シャツやプリントTを持ってくるなどの方法が一般的です。しかし今回はちょっと珍しいフード付きシャツを合わせたコーデです!パーカーなどフードの付いているものは少年ぽい可愛らしさを演出してくれます。春夏なのでボトムスはハーフパンツで合わせます。足元はローカットのスニーカーでカジュアルにまとめると◎
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色とその色に近い色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。明るい青とネイビーを引き立たせる効果があります。

明るい青のカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
アーバンリサーチ ドアーズ 明るい青 カーディガン
コーディネートのポイント
柄のカーディガンには、無地のシャツを合わせます。このカーディガンがメインになるように、パンツと靴はシンプルにデニムやチノにスニーカー、短靴、ブーツ等を合わせましょう。ブーツだと少し男らしく、短靴は品良く、スニーカーだとカジュアル・ラフな印象を与えます。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

明るい青のカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカーディガン(ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
アーバンリサーチ 明るい青 カーディガン
コーディネートのポイント
アーガイルやストライプなどの柄ものカーディガンを着こなしたい場合、インナーは無地が鉄則です!ボトムスはデニム、もしくはチノなどをノーマルに合わせカーディガンを引き立てます。夏なのでハーフパンツやクロップドで抜け感を!フルレングスの場合はロールアップしましょう。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

明るい青のカーディガン(ストライプ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る