オレンジのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

ニットにかかわらず、前ボタンで開くカーディガン。ここ最近は、半袖や七分袖のカーディガンも出てきました。カーディガンなどのニット系アイテムは、優しい、上品な雰囲気をつくるアイテムですので、一般的にはおとなしめの印象のメンズや、草食系なイメージの人に似合うとされています。反対にアメカジ系などの男らしい・無骨でワイルドスタイルを好む方は、シャツなどと合わせた上品なコーディネートにしてしまうと、イメージと違って似合わなくなるケースに陥ってしまうので注意しましょう。 オレンジはとりわけ青と相性がいい色です。単体で見ると扱いづらい色に見えるかもしれませんが、白や青と組み合わせることでオシャレに見えます。この色も着こなせるようになると、かなり着れる・買える服の幅が広がります。

オレンジのカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
エディフィス オレンジ カーディガン
コーディネートのポイント
無地カーディガンを可愛くカジュアルに着こなしたい場合、インナーに柄シャツやプリントTを持ってくるなどの方法が一般的です。しかし今回はちょっと珍しいフード付きシャツを合わせたコーデです!パーカーなどフードの付いているものは少年ぽい可愛らしさを演出してくれます。春夏なのでボトムスはハーフパンツで合わせます。足元はローカットのスニーカーでカジュアルにまとめると◎
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。オレンジを引き立たせる効果があります。

オレンジのカーディガン(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

オレンジのカーディガンのメンズコーディネート・着こなし

Small
Gypsy%26sons オレンジ カーディガン
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
主役のオレンジを目立たせるために、他の色は白黒等の無彩色、及び暗い色であるネイビーと合わせています。なお、オレンジとネイビーは相性がいい色の組み合わせです。

オレンジのカーディガンのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る