ベージュのスウェットパーカーのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

前を開かない(主にスウェットの)パーカーです。スポーツシーンのファッションとしても相性がいいアイテムです。スウェットパーカーといえばカジュアルなイメージが強いですが、あえてフォーマルなコーディネートに取り入れることで脱フォーマルしたり、着こなし方は幅広いメンズファッションアイテムです。着こなし方ですが、ボトムスはデニムパンツを履きましょう、濃いめのネービーを使ったデニムのパンツを合わせてカジュアルに、そして靴はきれいめな短靴を合わせるとおしゃれなコーディネートになります。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ベージュのスウェットパーカー(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Letroyes ベージュ スウェットパーカー
コーディネートのポイント
トップスがスタジャン(=ブルゾン)だけだと多少男らしいところ、フードつきのパーカーが加わっている分、「可愛い」コーディネートになります。スタジャンだけだといかつく見える人、もっと柔らかさ、可愛さを出したい人におすすめです。 パーカーを挟むので、スタジャンのボタンは閉じずに、前は開いて着ましょう。
色については、ネイビーと茶色はオシャレな色の組み合わせです。

ベージュのスウェットパーカー(無地, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのスウェットパーカー(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ABAHOUSE ベージュ スウェットパーカー
コーディネートのポイント
チャックがついていない、「トレーナー(スウェット)にフードがついた形のパーカー」をアウターとして着用する場合のスタイルです。パーカー自体がフードによる「可愛い」属性のアイテムのため、同じく「可愛い」属性のアイテムであるスニーカーは相性がいい靴です。また、パンツはカジュアルにデニムを履くのが自然なコーディネートです。外見上、上半身がレイヤード(重ね着)にならずシンプルになるので、基本的に、顔が濃いめの人の方が似合うスタイルです。
ベージュとこげ茶の組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

ベージュのスウェットパーカー(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのスウェットパーカー(カレッジ, 長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ビームス メン ベージュ スウェットパーカー
コーディネートのポイント
チャックがついていない、「トレーナー(スウェット)にフードがついた形のパーカー」をアウターとして着用する場合のスタイルです。パーカー自体がフードによる「可愛い」属性のアイテムのため、同じく「可愛い」属性のアイテムであるスニーカーは相性がいい靴です。また、パンツはカジュアルにデニムを履くのが自然なコーディネートです。外見上、上半身がレイヤード(重ね着)にならずシンプルになるので、基本的に、顔が濃いめの人の方が似合うスタイルです。
ベージュとこげ茶の組み合わせはアースカラーと呼ばれるもので、カラーコーディネート的に整った印象になります。

ベージュのスウェットパーカー(カレッジ, 長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る