紺・ネイビーのカジュアルジャケット(長そで, ドット(水玉))のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツ生地ではない、柔らかかったり、あるいは柄が入っていたりする、私服で着れるようなテーラードジャケットのことです。(テーラードジャケット=いわゆる、ジャケットと言われて一番一般的な形の服)メンズファッションにおいて最も着こなしやすく、簡単にかっこよくなれるアイテムです。通年で着用できるアイテムで、夏用には麻やシアサッカーといった涼しい素材のものや、七分袖のものがあります。シャツを合わせてキレイ目に着こなしたり、パーカーと合わせて可愛くカジュアルに着こなす等、好みに合ったコーディネートを実践しましょう。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ジャケット+ハンパ丈パンツでこなれスタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
暖かい(でも暑すぎない)そんな気温の春〜秋のジャケット+半端丈パンツのスタイルです。 柄ジャケットであることや、ジャケットにハンパ丈パンツを合わせるというコーディネート内容から、「オシャレ好き、ファッション好き」な人に見えます。ハンパ丈なので、靴はローファーやデッキシューズ、短靴といったなるべくローカットな靴と合わせるのが無難にオシャレです。キレイ目に行くならローファーか短靴を、カジュアルにいくならデッキシューズを合わせましょう。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ひたすらキレイ目スタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬の柄ジャケットのオシャレスタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットはその存在自体がオシャレなアイテムです。このアイテムを秋冬にキレイ目に合わせます。柄と柄を合わせるのはNGなので、インナーは無地のシャツを合わせます。今回はパンツにウールパンツ、コーデュロイパンツといった、少しもこもこした素材感のパンツを合わせることで寒い時期の季節感とマッチします。靴はジャケット+シャツのキレイ目に合わせて短靴やチャッカブーツで合わせるのがベストです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄のカジュアルジャケットのキレイ目スタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のカジュアルジャケットの着こなしです。柄on柄はNGなので、インナーは無地の、そしてジャケットにと同じキレイ目属性のアイテムであるシャツで合わせます。柄のジャケットは柄がある時点でフォーマットよりはカジュアル目の雰囲気になるので、パンツはデニムでカジュアルにしても似合います。靴は、ジャケット+シャツのキレイ目要素で行くなら短靴やローファー、サイドゴアブーツやチャッカブーツといったキレイ目なブーツと合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのTシャツ合わせスタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケットのインナーはシャツだとキレイ目に、Tシャツ(カットソー)を合わせればカジュアルになります。今回は、柄のジャケットにTシャツを合わせます。ジャケットに柄があるので、Tシャツは無地で合わせます(柄on柄はNGです)。性格的に明るく積極的な方は、胸元は空けた方がカッコイイため、VネックやUネックが1番格好よく見えます。(おとなしめ、控えめな方は丸首Tでも大丈夫ですが、外見上はVネックやUネックの方が格好いいです)パンツはデニムやチノで合わせ、靴はブーツと合わせて男らしい柄ジャケスタイルの完成です。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ドット(水玉)ジャケットのブーツスタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ドット(水玉)の模様は様々な柄の中でも最も「可愛い」タイプの柄です。ここの可愛い柄に対して、靴に男らしいアイテムであるブーツを持ってくることで、可愛さと無骨さを合わせ持つスタイルになります。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ドット(水玉)ジャケットのスニーカー合わせ

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ドット(水玉)の模様は様々な柄の中でも最も「可愛い」タイプの柄です。ここの可愛い柄に合わせて、靴は同じく可愛い属性のスニーカーで合わせます。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。また、パンツのベージュに対して、靴は同じ系統の色でより暗い色で合わせると色数を増やさず、かつ収まりがよくなるので、靴は茶色で合わせます。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄ジャケットのキレイ目スタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットにニットとシャツを合わせ、デニムやチノでカジュアルダウンさせたコーディネートです。ジャケットに柄が入っている時点で、多少フォーマルからカジュアルよりにずれているので、パンツも同じくカジュアルに合わせます。秋冬のベーシックでオシャレなジャケットスタイルです。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

綺麗めスリッポンスタイル

Small
SHIPS 紺・ネイビー カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
柄のジャケットに、セーター+綿パンのキレイ目なコーディネートに、足下をカジュアルにスリッポンで合わせたスタイル。ジャケットの柄の可愛いさと、ニットの優しい雰囲気と、ジャケット&シャツ&綿パンの品の良さに、スリッポンのカジュアルさをミックスさせた、オシャレなコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る