ワインレッドのカジュアルジャケット(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

長そでのカジュアルジャケットに珍しい柄が入っているとそれだけで、とてもおしゃれなアイテムになります。カジュアルジャケット自体がとても印象的なアイテムになりますので、インナーやパンツに柄をもってくるとガチャガチャのコーディネートになってしまうので、無地で合わせあわせましょう。 このルールさえ気をつければ、長そでのカジュアルジャケットは、デニム、チノパン、スウェットパンツ等とも合わせられるとても便利なアイテムです。 ワインレッド、えんじ(エンジ・臙脂)色、ボルドー、マルーンといった色はほぼどれも同じ色で、早稲田カラーと呼ばれたりもする、赤を暗くしたような色です。ワインレッドだと赤と赤紫の間。ボルドーやマルーンだと赤と茶色の間といった印象があります。赤と青が合うように、赤を暗くした色であるワインレッドの場合は、青を暗くした色であるネイビー・紺色と合います。

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
ギルドプライム メンズ ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、1番明るい白をインナーに持って来て、そこから外に向かって暗くしていく基本のルールを守っています。また、ベージュと茶色は同じ色の系統、また、赤と茶色もどちらも暖色の赤系統の色ということで、全体的に暖かみのあるカラーコーディネートになっています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ひたすらキレイ目スタイル

Small
ギルドプライム メンズ ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、エンジのアウターやクリームイエローのインナーと、色使いが珍しくオシャレに見えるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

袖無しインナーダウンのキレイ目着こなし

Small
ギルドプライム メンズ ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
インナーダウンの着こなし方のうちの1つ。今回は袖無しのインナーダウンをキレイ目で合わせています。ジャケット+インナーダウン+シャツ+スラックス+短靴と、キレイ目アイテムオンパレードで合わせました。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ノーカラーシャツに柄ジャケスタイル

Small
ギルドプライム メンズ ワインレッド カジュアルジャケット
コーディネートのポイント
ノーカラーのオシャレ要素に加え、アウターも柄のジャケットで合わせることで、ファッション感度が高い人に見えるキレイ目なコーディネートができあがります。パンツチノ、シューズは短靴で上半身と同じようにキレイ目にまとめました。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。エンジを引き立たせる効果があります。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る