ベージュのカバーオールのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カバーオールとは、丈が長いGジャン(デニムブルゾン)のような形のアウターです。ポケットが胸の部分にも腰の部分にもついている形が一般的です。普通に「カバーオール」というと、「オーバーオール」のような、パンツとくっついた形のものもありますが、ここでのカバーオールはジャケットのようなタイプのものをいいます。カバーオールは太めのジャケットですので、ズボンは細めのパンツをコーディネートしてVラインをつくりましょう。ベージュはモノトーン、とりわけ白・黒と合わせるのが一番色の相性は良いのですが、ネイビーと合わせても問題ありません。ぼやけた色であるため、明るすぎる白、あるいは暗すぎる黒といったようにはっきりした色と相性がいいのです。また、ベージュは茶色を薄くした色ですが、茶色が元を正せば赤系統の色なので、その赤と相性がいい青が暗くなった色であるネイビーとも相性がいいのかもしれません。

ベージュのカバーオール(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
グリーンレーベルリラクシング ベージュ カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーは胸元が空いたTシャツと合わせましょう。パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、靴は短靴やワークブーツ、チャッカブーツ、スニーカー等を合わせるといいでしょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのカバーオール(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ベージュのカバーオールのメンズコーディネート・着こなし

Small
Motel ベージュ カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーは胸元が空いたTシャツと合わせましょう。パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、靴は短靴やワークブーツ、チャッカブーツ、スニーカー等を合わせるといいでしょう。
色については、ベージュを爽やかにグレ—と白で合わせた淡い色合いで統一感のあるカラーコーディネートです。

ベージュのカバーオールのメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る