明るい青のカバーオールのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カバーオールとは、丈が長いGジャン(デニムブルゾン)のような形のアウターです。ポケットが胸の部分にも腰の部分にもついている形が一般的です。普通に「カバーオール」というと、「オーバーオール」のような、パンツとくっついた形のものもありますが、ここでのカバーオールはジャケットのようなタイプのものをいいます。カバーオールは太めのジャケットですので、ズボンは細めのパンツをコーディネートしてVラインをつくりましょう。明るい青は爽やかな色です。色としては白やベージュと合わせるとその爽やかさを保ったまま爽やかなコーディネートが完成します。

明るい青のカバーオール(無地)のメンズコーディネート・着こなし

Small
vital MONSIEUR NICOLE 明るい青 カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーは胸元が空いたTシャツと合わせましょう。パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、靴は短靴やワークブーツ、チャッカブーツ、スニーカー等を合わせるといいでしょう。
色については、青系統と黄色系統は相性がいい色の組み合わせですから、この2色も相性がいい色の組み合わせといえます。

明るい青のカバーオール(無地)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

明るい青のカバーオール(ストライプ)のメンズコーディネート・着こなし

Small
PALMER TRADING COMPANY 明るい青 カバーオール
コーディネートのポイント
カバーオールは、主に「デニムブルゾンの丈が長い版」のような服のことをさします。服の上下4カ所にポケットがついているものが一般的です。インナーは胸元が空いたTシャツと合わせましょう。パンツはポケットが重複するのでカーゴパンツは避け、靴は短靴やワークブーツ、チャッカブーツ、スニーカー等を合わせるといいでしょう。
色については、明るい青と合わせてパンツを明るい茶色といえるベージュで合わせ、そして靴はパンツと同じ色相の暗い色にするとパンツと合いますので、ベージュに対して茶色の靴で合わせています。インナーは白を持ってくることで、インナーから外に向けて暗くなるという色の組み合わせルールを守ることに繋がります。

明るい青のカバーオール(ストライプ)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る