黒・ブラックのプルオーバーのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

プルオーバーは、中にシャツやTシャツをチラ見せさせてレイヤードで着ることの多い、トップスです。大きめのハットにクロップドパンツ、短靴といったスタイルがマッチします。「ザ・オシャレ好き、服好き」という雰囲気を醸し出します。原宿のファッション好き、ショップスタッフ、ミュージシャン等が着る印象の服です。プルオーバーはメンズにとってなかなか馴染みが無いかもしれませんが、プルオーバー、プルオーバーパーカーの着こなしはぜひ試してほしいコーディネートです。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

黒・ブラックのプルオーバー(半そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
WHO'S WHO gallery 黒・ブラック プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーはインナーに無地Tシャツを合わせて、パンツはクロップド丈、靴はレザーシューズで合わせて、頭に大きめのハットをかぶると「THE・プルオーバー着た原宿にいそうなオシャレさん」といった格好になります。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

黒・ブラックのプルオーバー(半そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのプルオーバー(半そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーはインナーに無地Tシャツを合わせて、パンツはクロップド丈、靴はレザーシューズで合わせて、頭に大きめのハットをかぶると「THE・プルオーバー着た原宿にいそうなオシャレさん」といった格好になります。
色については、ピンクとグレ—は相性がいい色の組み合わせです。この2色の配色を引き立たせるために、他の色は無彩色で抑えます。

黒・ブラックのプルオーバー(半そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのプルオーバー(半そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
KAZUYUKI KUMAGAI 黒・ブラック プルオーバー
コーディネートのポイント
プルオーバーはインナーに無地Tシャツを合わせて、パンツはクロップド丈、靴はレザーシューズで合わせて、頭に大きめのハットをかぶると「THE・プルオーバー着た原宿にいそうなオシャレさん」といった格好になります。
ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

黒・ブラックのプルオーバー(半そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

黒・ブラックのプルオーバー(長そで)のメンズコーディネート・着こなし

Small
SHIPS JET BLUE 黒・ブラック プルオーバー
コーディネートのポイント
長そでのプルオーバーは、フルレングスのパンツと合わせると全体的に少し重いので、クロップド丈やハーフパンツと合わせるのが鉄板です。フルレングスではない丈のパンツはカジュアル要素のアイテムのため、同じくカジュアルなローカットスニーカーで合わせます。
色についてはクリームイエローはぼやけた色のため、ハッキリした黒と合わせることで色のバランスをとっています。

黒・ブラックのプルオーバー(長そで)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

黒・ブラックのプルオーバー(長そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ナノ・ユニバース 黒・ブラック プルオーバー
コーディネートのポイント
長そでのプルオーバーは、フルレングスのパンツと合わせると全体的に少し重いので、クロップド丈やハーフパンツと合わせるのが鉄板です。フルレングスではない丈のパンツはカジュアル要素のアイテムのため、同じくカジュアルなローカットスニーカーで合わせます。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

黒・ブラックのプルオーバー(長そで, 柄なし)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

黒・ブラックのプルオーバー(長そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ヴァンスエクスチェンジ(メンズ) 黒・ブラック プルオーバー
コーディネートのポイント
長そでのプルオーバーは、フルレングスのパンツと合わせると全体的に少し重いので、クロップド丈やハーフパンツと合わせるのが鉄板です。フルレングスではない丈のパンツはカジュアル要素のアイテムのため、同じくカジュアルなローカットスニーカーで合わせます。
色についてはブラック、ホワイト、レッドの相性が良いため組み合わせ的にとてもバランスがとれています。またコーディネート全体をみたときに、シューズをホワイトにすることによって抜け感を出すことができます。

黒・ブラックのプルオーバー(長そで, 柄あり)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る