紺・ネイビーのカーゴパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

カーゴパンツは、取り入れ方次第では男らしいスタイルを格上げしてくれる優秀なボトムスです。カーゴパンツを着こなしに取り入れる時の1番大事なポイントは『太さ』です。太ければ太いほど子供っぽいアイテムになり、細ければ細いほど無骨なアイテムになります。このポイントを抑えてカーゴパンツを取り入れたスタイルを紹介していきたいと思います。自分にあったカーゴパンツのコーディネートスタイルを確立しましょう。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

紺・ネイビーのカーゴパンツ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ハイダウェイ ニコル 紺・ネイビー カーゴパンツ
コーディネートのポイント
トップスはブルゾン、靴はスニーカーやブーツとカジュアルに合わせつつ、中にシャツをインすることで、少しだけキレイ目な印象を持たせる効果があります。カジュアルさとキレイ目のハーフ&ハーフなコーディネートです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

紺・ネイビーのカーゴパンツ(フルレングス, スキニー)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカーゴパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
ボイコット 紺・ネイビー カーゴパンツ
コーディネートのポイント
カウチンニットの無骨めな着こなしです。インナーは無地のUかVネックのTシャツ、パンツはカーゴパンツ、靴も無骨目のブーツで合わせます。カウチンニットに柄があるので、インナーのTシャツは無地で合わせましょう。(そのことが無骨めになることにも繋がります。)なお、セットアップ(上下で1セットの服)でない限り、ニットのような柔らかい素材のアウターには、パンツは固めの素材で合わせますので、そもそもカーゴパンツはカウチンニットと相性がいいアイテムです。
色については、ネイビーと茶色は鉄板の色の組み合わせです。

紺・ネイビーのカーゴパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカーゴパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ヴィタル 紺・ネイビー カーゴパンツ
コーディネートのポイント
ラガーシャツといえば元々がラグビー選手のユニフォーム由来ということもあり、スポーティで少年ぽい印象になります。もっぱら春夏向けのアイテムで、ボトムスはハーフパンツを合わせるのが鉄板です!靴下ははかずに、デッキシューズ等、ローカットのカジュアルな靴と合わせます。ローファーを履けばプレッピーに着こなすことも出来ます!
色についてはネイビーとチャコールグレーという暗いトーンの色同士を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

紺・ネイビーのカーゴパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

紺・ネイビーのカーゴパンツ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ティーケー 紺・ネイビー カーゴパンツ
コーディネートのポイント
クロップド(七分丈)のカーゴパンツは、無骨さと暖かい季節の短丈要素の両方が備わったアイテム。 同じく無骨なミリタリーシャツやデニムシャツと合わせつつ、インナーも無骨にタンクトップで合わせ、靴は短丈であることを生かしてサンダルで合わせると男らしさと暖かい日の抜け感の両方が備わった男らしい夏スタイルになります。
色については、アウターの水色にパンツのネイビーと寒色である青系統の色あわせに、暖色である赤系統の色である茶色を合わせたオシャレなカラーコーディネートです。

紺・ネイビーのカーゴパンツ(クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る