紺・ネイビーのデニムパンツ・ジーンズ(フルレングス, サルエル)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

デニムパンツ、ジーンズ、Gパンと色々な呼び方をします。デニムのブランドも数多くあり、男性の中でも人気の高いファッションアイテムです。だいたいどんな服とでも合わせられるこのジーンズですが、トップスにもデニムを持ってくるデニムonデニムは避けたほうがいいでしょう。コーディネートする際には、デニムとシャツが同色の場合オススメできません。ジーンズのコーディネートでは男らしく着こなしたり、カジュアルな着こなしなど様々な着こなし方が出来てとても重宝します。紺色・ネイビーは男性に人気が高い色です。グレー、白、茶色と、一般的に持っていることが多い服や小物の色と相性がよく、彩度も高くないため、色に抵抗がない上に簡単にオシャレにしてくれる色だからです。とりわけネイビーと茶色とは相性がいい色です。

夏らしさ全開!半袖シャツを使ったコーデ

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
半袖シャツといえば夏に大活躍するアイテムの一つ!ボトムスはフルレングスはもちろん、シャツが品の良さをキープしてくれるのでハーフパンツでも難なく着こなすことが出来ます。Tシャツ&ハーパンはラフ過ぎると感じる方には特にオススメ◎ 足元は夏らしく抜け感のあるシューズをチョイスしましょう。
色については、ネイビーのパンツと茶色の靴は鉄板の色の組み合わせです。

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベスト夏コーデ

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
暖かい夏の日にダウンベストを着用するときのコーディネートです。ダウンベストの下は半袖のTシャツで合わせて、パンツと靴はカジュアルにジーンズ(デニムパンツ)とスニーカーで合わせます。極めてカジュアルなスタイルですが、「ダウンベストを着る」時点で、ファッション素人ではない雰囲気になりますので、このようにシンプルに合わせても格好良いスタイルです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

ブルゾン(ジャンパー)カジュアルスタイル

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ブルゾンのインナーにプリントT、シューズはスニーカーで合わせる、ブルゾンをカジュアルで親しみがあるテイストで合わせた着こなしです。
エンジ(ワインレッド)とネイビーはオシャレな色の組み合わせ方です。靴も、くすみ具合を合わせて暗めの茶色で合わせています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

柄物カーディガンを使った春夏コーデ

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
アーガイルやストライプなどの柄ものカーディガンを着こなしたい場合、インナーは無地が鉄則です!ボトムスはデニム、もしくはチノなどをノーマルに合わせカーディガンを引き立てます。夏なのでハーフパンツやクロップドで抜け感を!フルレングスの場合はロールアップしましょう。
ネイビーと茶色は鉄板の色あわせです。インナーにクリームイエローを差し込み、よりオシャレな人に見えるカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースダブルの可愛い目スタイル

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ライダースジャケット(ダブル)は無骨目なアイテムです。インナーも無骨に、胸元が空いたUネックカットソー等と合います。また、ライダースジャケットはゆったり着るアイテムではなく、体にぴっちり着るシルエットになるため、パンツはサルエルをゆるめに履くのも合います。この場合、サルエルパンツ自体が、(素材が何であれ)可愛い要素のアイテムですから、パンツに合わせて、靴も可愛くスニーカーで合わせます。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

フード付きシャツを春夏に着こなす!

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
フード付きシャツは、品の良いアイテムであるシャツに可愛らしい印象がプラスされたアイテムです!前を開けて着る場合、VネックやUネックT、タンクトップなど胸元があいたインナーで少し男っぽい印象を足すとバランスよくまとまります。ボトムスはデニムかチノパンでベーシックに、足元はスニーカーでカジュアルにまとめましょう。春夏なので、デッキシューズやスリッポンも季節感があっていいですね!
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンベストカジュアルコーデ

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダウンベストとカーディガンやセーターは似合う服の組み合わせです。ダウンベストの表面とカーディガンやセーターの表面は素材感が違うため、メリハリがあり合わせやすい組み合わせです。ダウンベストはそのカジュアルなテイストから、靴はスニーカーと合わせるのが相性抜群です。
色については、青系色と白であわせた爽やかなカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

スタジャンパーカーコーデ

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
えりがたっていないブルゾンとパーカーは似合う服の組み合わせです。スタジャンはこの条件を満たしたブルゾンのため、スタジャンの王道コーデであるデニム、スニーカー合わせのコーデにパーカーを差し込みます。スタジャンは少年っぽさがあるアイテムのため、フードつきのパーカーも合わせて、若く元気に見えるスタイルです。元気な雰囲気の人、背が低めの人に合います。逆に「ガリ勉」、「真面目」、「草食系」といった雰囲気の人には似合いません。デニムの代わりにチノパンでも問題ありません。
色については、紫をコーディネートの主役にして目立たせるために、他の色は無彩色(今回は白と黒)と暗めのネイビーで合わせています。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースベストの無骨めな着こなし

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ライダースダブルの形のベストのため、インナーにシャツは持ってこれません。(えりがかさばるため。)したがってインナーはTシャツ(カットソー)になります。また、ライダースは無骨で男らしいアイテムですので、パンツも男らしいパンツで合わせます。 そもそもライダースのライダーとは、バイカー(バイク乗り)のことをさしていますので、ライダー=バイカーということで、バイカーブーツともよばれるエンジニアブーツで合わせます。
色については、ピンクが派手なインナーのため、アウターは黒で合わせ、パンツ、靴は基本的な色のネイビー、茶色で合わせることで、コーディネート全体で色数は使っている物のインナーが主役として目立つコーディネートです。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ライダースパーカースタイル

Small
メルシーボークー、 紺・ネイビー デニムパンツ・ジーンズ
コーディネートのポイント
ダブルのライダースジャケット(前の部分が折り重なるライダースジャケット)は、無骨で男らしいアイテムですが、これに可愛い要素であるフードがついているパーカーをインナーに挟み込むと、無骨さと可愛さを両方合わせ持つ、コーディネートになります。パンツはノーマルな形でももちろんあうのですが、ダブルのライダースが体にぴっちりつくアイテムのため、テーパードパンツやサルエルパンツのような股下が長めのゆるっとしたパンツも相性がいいアイテムです。(「ぴっちり」と「ゆるっと」は相性がいいのです)
色については、暗めの色で統一感を出しているコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る