黒・ブラックのスラックス(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツのパンツのような折り目が入っているパンツのことです。キレイ目、おしゃれで上品なパンツの代表格です。春夏秋冬通年で着こなしができるおしゃれアイテムで、メンズの間でもよくコーディネートではかれています。メンズファッションのコーディネートでは欠かせないパンツですね。コーデする際は、ノーカラーシャツなどのきれい目な要素があるアイテムと、レザーシューズや短靴と合わせるととてもよく似合い、おしゃれな着こなしになります。黒はモノトーン白やグレーと同じく無彩色という、種類の色です。よく「コーディネートは3色以内に抑える」といった際に、3色にカウントしなくても問題ありません。アイテムによって、与える印象が「モードさ」・「無骨さ」・「無難さ」とバラバラな特徴を持つことも面白い特徴の1つです。基本的にどんな色とでも合わせることができます。

秋冬のハイネックスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
ハイネックにはアウターはジャケットやコートが似合います。また、ハイネックはとても品がいいアイテムですから、パンツは綿パンやスラックス、靴は短靴やサイドゴアブーツとキレイ目に合わせるのが統一感のあるコーディネートです。ともかく「品がいい、上品な人」に見えるスタイルです。
色については、ワインレッドと黒は大人の雰囲気を漂わせるオシャレで格好いいカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ひたすらキレイ目スタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
ジャケット+シャツ+スラックス(カーゴスラックス)+キレイ目シューズとキレイ目オンパレードのとても品が良く見えるコーディネートです。気取りたい場合はハットやニットのネクタイをしてもオシャレです。
色については、ワインレッドと黒は大人の雰囲気を漂わせるオシャレで格好いいカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

キルティングベストのスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
キルティングベストは軽量で防寒効果のあるベストです。 ベストのため、インナーにはシャツが合います。 パンツと靴はコーディネートの系統によりますが、キレイ目に行くならパンツは綿パン、スラックス。靴は短靴、ローファー、チャッカブーツで合わせます。
ブルーグリーンと赤は相性がいい、オシャレな色の組み合わせです。靴の赤が差し色としてオシャレな雰囲気を演出します。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

ピアノの発表会や社交場の爽やかスタイル

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
タートルネックのセーターは品がいいイメージとニットの優しい印象を与えるアイテムです。 今回はジャケットにパンツはスラックス、靴は短靴やローファーでキレイ目に合わせます。 品の良さと優しさを兼ね備えたコーディネートです。
色については、ブルーグリーンとワインレッドは相性がいいオシャレな色の組み合わせです。カラーシャツに明るい靴を、アウターとパンツのブラックで締めたカラーコーディネートです。「オシャレさん」に見えます。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

チェスターコートをちょっぴりカジュアルに!

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
チェスターコートのようなきれいめのアイテムにはきれい目同士で合わせるために靴もきれい目の短靴にします。中にはカーディガンやセーターを挟んで下にはシャツやカットソーを合わせます。シャツの方がよりきれい目な印象を与え、UネックやVネックのTシャツであればえりが無い分スッキリします。パンツはデニムにすればカジュアルに、スラックスやカーゴスラックスで合わせれば、アウターや靴と同じくきれい目になります。無地の綿パンでも問題ありません。
緑と赤はオシャレな色の組み合わせなので、この両方を少し暗くした色同士であるくすんだ緑とエンジ(ワインレッド)はオシャレな色の組み合わせといえます。全体的に、目立つ色は暗めのトーンで合わせています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

シングルのトレンチコートを使ったアイテム

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートは、重厚なイメージのあるダブルに比べて軽やかな印象があるので春先にも重宝します。季節的には秋、冬の終わり、春先です。インナーには薄手のカーディガンとシャツをレイヤードして、ボトムスは綿パンかスラックス(カーゴスラックス含む)をチョイス。足元は短靴で、トレンチコート本来のきれいめなイメージを活かしてまとめるとしっくりきます。
全体的に、暗めのトーンで合わせた統一感があるオシャレなカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ニットベストのキレイ目コーディネート

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
キレイ目ジャケットにニットベストを着た、暖かいキレイ目ジャケットスタイルです。ジャケットのキレイ目さと、ニットベストとの優しい雰囲気がマッチして、紳士的なイメージを与える服の組み合わせです。パンツはスラックス、靴は短靴かローファーでキレイ目合わせましょう。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。青色を引き立たせる効果があります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

100%プレッピールック

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
ふちに線が入っているジャケットの「パイピングャケット」に、ニットのベスト(スクールベスト)、ローファー、短靴と、アメリカのいい大学の制服が元となっている、いいとこのおぼっちゃんスタイルといわれるプレッピースタイルです。 それぞれのアイテムが、プレッピースタイルのアイテムで、統一感があります。「可愛い」、及び「品がいい」という印象を与えるがつくコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回は緑)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ザ・プレッピーコーデ

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
スクールジャケットにニットベストにスラックスにローファー・短靴と、いわゆる「プレッピー」と呼ばれる欧米のエリート学生にルーツを持つファッションコーディネートです。 「オシャレ大好きな人」に見え、女性から「可愛い」と言われやすいコーディネートです。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

秋のメンズコーディネートをもっと見る

プレッピー(欧米の学生風)ルック

Small
JOURNAL STANDARD relume 黒・ブラック スラックス
コーディネートのポイント
スクールジャケットのプレッピールック(アメリカの、エリート大学生の制服をルーツにもつ)の鉄板コーデです。きれい目のシャツにスラックスにローファー(あるいは短靴)で合わせます。ニットベストを入れても問題ありません。「いいとこのお坊ちゃん」という印象を与えます。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+有彩色(先ほどの無彩色以外の色)が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。特定の有彩色(今回はネイビー)を引き立たせる効果があります。

冬のメンズコーディネートをもっと見る