白のスラックスのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スーツのパンツのような折り目が入っているパンツのことです。キレイ目、おしゃれで上品なパンツの代表格です。春夏秋冬通年で着こなしができるおしゃれアイテムで、メンズの間でもよくコーディネートではかれています。メンズファッションのコーディネートでは欠かせないパンツですね。コーデする際は、ノーカラーシャツなどのきれい目な要素があるアイテムと、レザーシューズや短靴と合わせるととてもよく似合い、おしゃれな着こなしになります。白は爽やかさ、クリーンなイメージを与えます。また、暗い色を多く使いがちのメンズファッションで、ポイントで1箇所使うことで、カラーコーディネート全体が重くならず「抜け感」を与えることができます。

白のスラックス(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Journal Standard TRISECT 白 スラックス
コーディネートのポイント
スクールジャケットにニットベストにスラックスにローファー・短靴と、いわゆる「プレッピー」と呼ばれる欧米のエリート学生にルーツを持つファッションコーディネートです。 「オシャレ大好きな人」に見え、女性から「可愛い」と言われやすいコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

白のスラックス(無地, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

白のスラックス(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなし

Small
エッセンシャルガーメントメンズビギ 白 スラックス
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、ノーカラー(襟無し)とはいえ、「シャツ」なので、品がいい、きれい目な要素があるアイテムです。したがって、暖かい季節に、アウターを着ず、スラックス、短靴と合わせてきれい目コーデとして着る事が出来ます。なお、アイテム自体がモード目のアイテムなので、そういったモード系が少しでも好きな性格でないと、抵抗があると思います。今回はストライプのものを想定していますが、ストライプは幅が狭いほどきれいめ、広いほど可愛いめな印象を与えると言われています。 
色については青系統の色と白で統一したさわやかなカラーコーディネートです。

白のスラックス(無地, クロップド(半端丈))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

白のスラックス(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
TAKEO KIKUCHI 白 スラックス
コーディネートのポイント
シングルのトレンチコートは、重厚なイメージのあるダブルに比べて軽やかな印象があるので春先にも重宝します。季節的には秋、冬の終わり、春先です。インナーには薄手のカーディガンとシャツをレイヤードして、ボトムスは綿パンかスラックス(カーゴスラックス含む)をチョイス。足元は短靴で、トレンチコート本来のきれいめなイメージを活かしてまとめるとしっくりきます。
色については、「茶色」、「焦げ茶」、「ベージュ」同士はアースカラーと呼ばれるオシャレな色の組み合わせで、これらと無彩色を合わせるとオシャレな色使いになります。

白のスラックス(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

冬のメンズコーディネートをもっと見る

白のスラックス(無地, テーパード, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
INCOTEX 白 スラックス
コーディネートのポイント
スクールジャケットにニットベストにスラックスにローファー・短靴と、いわゆる「プレッピー」と呼ばれる欧米のエリート学生にルーツを持つファッションコーディネートです。 「オシャレ大好きな人」に見え、女性から「可愛い」と言われやすいコーディネートです。
色の合わせ方については、「無彩色(白、グレ—、チャコールグレ—、黒)+特定の色が1色」という、コーディネートにおいて王道の色の合わせ方の1つです。ネイビーを引き立たせる効果があります。

白のスラックス(無地, テーパード, フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る