赤のスウェットパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スウェット素材のパンツです。ラフな合コン等、きっちりすぎる必要がない場でカジュアルなテーラードジャケットと合わせる等して、少しはずしたい時に使えます。メンズのスウェットパンツは徐々に定着しつつあるので、これからもっとおしゃれで新しいコーディネートが登場してくるでしょう。スウェットパンツは少し足の部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。メンズコーディネートでこのパンツを着こなせたらカジュアルでかっこよくなります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

デニムシャツを使った無骨カジュアルコーデ

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツをよりカジュアルに着こなしたコーデです。デニムシャツは男らしいワイルドなアイテムなので、同じく無骨なリブ付きのタンクトップをインナーにチョイス。ボトムスはスウェットパンツで少年ぽく、シューズはムートンブーツで可愛らしさを出すことでカジュアルと無骨とのギャップでお洒落感を演出しています。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

かっちりとゆるめの間をとるノーカラーシャツ

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ノーカラーシャツは、きれいめとカジュアルの間をとることができるアイテムのため、コーディネート内にきれいめのアイテム(ジャケット)と思いっきりカジュアルなアイテム(スウェット)が同居しているようなこういったコーディネートにおいて、使用できます。他にも、ジャケット(フォーマル)に、ニット帽(カジュアル)を合わせるパターンでも相性がいいです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

余裕がただようダウンジャケットスタイル

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットにスウェットパンツを合わせ、靴にブーツを持ってくるスタイル。スウェットパンツで余裕がある雰囲気を出しつつ、足下をブーツにすることで締めます。スウェットパンツはシルエットとして緩く、少し足部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

デニムシャツの無骨スタイル

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツにスウェットパンツを合わせるスタイルです。デニムシャツのパリっとした固い素材感に対して、スウェットパンツを合わせることで一気にラフで余裕がある男の雰囲気に。足下はブーツにすることで固い素材でスウェットパンツをサンドイッチし、また、少しワイドになってしまうパンツに対するバランスとしても、形がスニーカーやその他の靴より大きめになるブーツがちょうど合います。男らしさと余裕が感じられるスタイルです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

秋冬のダウンジャケットのゆるカジュアル

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのカジュアルなスタイル。インナーにはTシャツ、パンツはスウェットパンツ、靴はブーツで合わせます。アウターがダウンジャケットで重いごわついたトップスになる分、パンツをゆるくスウェットにしてリラックスした雰囲気にすることで「余裕がある人に見える」効果があります。また、靴をワークブーツにして男らしい雰囲気をプラスすることで、防寒的にもシルエット的にもカッコいいダウンジャケットのスタイルになります。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

ダウンジャケットにデニムシャツをイン

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ダウンジャケットのインナーとしてデニムシャツを着る、無骨めなダウンジャケットのスタイルです。パンツはスウェット、靴はブーツであわせ、余裕がある雰囲気とワイルドさを合わせもつ雰囲気に。このコーディネートにプラス、暗めでアウターと近い色のニット帽が合います。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

シンプルかつ男らしい欧米人風スタイル

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
無地のジャケットに無地のTシャツを合わせると、柄が無い分落ち着いた男に見えます。そして下半身にスウェットパンツを履くことでさらに余裕がある雰囲気に。靴はブーツでワイルドに締めます。落ち着き+余裕+男らしさのある、女性から頼りがいのある男に見られやすいスタイルです。safari等、ハリウッドの俳優の私服紹介で出てくるスタイルです。
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る

冬のキレイ目スポーティスタイル

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
チェスターコート+タートルネックセーターという冬の品がいいキレイ目王道のトップスに、スウェットパンツとスニーカーというスポーティーなアイテムを合わせたスタイルです。通常のキレイ目やスポーツだけで合わせず、これらをミックスしたオシャレで独特な着こなしです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

冬のメンズコーディネートをもっと見る

スウェットパンツでカジュアルダウン

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
スウェットパンツは、テーラードジャケットに合わせる事で、「気を使っているが、気合いを入れすぎていないオシャレ」を演出できます。目上の人がいない合コン等に最適です。(大人しめ、控えめな方は丸首TシャツでOKです)
色については、暖色の赤系統色がメインのほっこりするカラーコーディネートです。

ネルシャツにスウェットパンツ合わせスタイル

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
ネルシャツはフランネル素材というゆるい素材のアイテムですが、これにスウェットでパンツもゆるくあわせつつ、足元をブーツで引き締めるたコーディネートです。リラックスした雰囲気をかもし出します。とはいえ、ネルシャツはアメカジアイテムであり男らしいアイテムでもありますので、インナーは胸元が空いた無地のTシャツやリブ(伸縮するスジ)付きのタンクトップまたは無地のヘンリーネックTが相性がいい組み合わせになります。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

春のメンズコーディネートをもっと見る

秋のメンズコーディネートをもっと見る