赤のスウェットパンツのメンズコーディネート・着こなし

Thumb

スウェット素材のパンツです。ラフな合コン等、きっちりすぎる必要がない場でカジュアルなテーラードジャケットと合わせる等して、少しはずしたい時に使えます。メンズのスウェットパンツは徐々に定着しつつあるので、これからもっとおしゃれで新しいコーディネートが登場してくるでしょう。スウェットパンツは少し足の部分が大きくなりがちなので、大きめの靴であるブーツと合わせるのがバランスがいいシルエットになります。メンズコーディネートでこのパンツを着こなせたらカジュアルでかっこよくなります。赤は日本の男性のリアルクローズなコーディネートだと、夏以外は差し色として使うのがオシャレな色の使い方です。例えばモノトーンのスーツルックに赤のセーターを差す、同じく赤の靴下を差す、といったような1部だけ(全体の10%以下ぐらい)の色を強烈に明度・彩度が高い色にする使い方です。夏であれば、パンツやシャツ等が赤でも違和感ありません。むしろオシャレに見えます。

赤のスウェットパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなし

Small
Abercrombie & Fitch 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツをよりカジュアルに着こなしたコーデです。デニムシャツは男らしいワイルドなアイテムなので、同じく無骨なリブ付きのタンクトップをインナーにチョイス。ボトムスはスウェットパンツで少年ぽく、シューズはムートンブーツで可愛らしさを出すことでカジュアルと無骨とのギャップでお洒落感を演出しています。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

赤のスウェットパンツ(フルレングス)のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る

夏のメンズコーディネートをもっと見る

赤のスウェットパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなし

Small
ジェラート ピケ オム 赤 スウェットパンツ
コーディネートのポイント
デニムシャツ+スウェットパンツのカジュアルなスタイルに、足元を短靴でキレイ目に合わせるスタイル。ほどよいカジュアル感とキレイ目要素が合わさったスタイルです。
色については、パンツが赤いので、この赤を目立たせるため他の色は無難に抑えます。また、赤と黒は鉄板の相性がいい色の組み合わせ方です。また、パンツと靴の色の組み合わせ方が、こげ茶色は赤系統の暗い色のため「同じ系統の色で、靴の色をパンツよりも暗くする」というルールを満たしています。

赤のスウェットパンツ(ハーフ(短パン))のメンズコーディネート・着こなしをもっと見る

春のメンズコーディネートをもっと見る